アトピー肌のニキビの悪化に関係する花粉の存在って?

MENU

アトピー肌のニキビの悪化に関係する花粉の存在って?

アトピー ニキビ

アトピーの方、またはニキビになり易い方の中でアレルギー性疾患で最も多いのが花粉症です。
元々、アトピーと花粉症は同じIgE抗体が関与する疾患という共通点があります。
刺激を受けやすい体質ということですね。ニキビも同じことで、併発するのは因果関係があるということです。
花粉症、アトピー、ニキビのいづれかが治っていても何か1つが継続しているケースがあります。
アレルギーの症状は体の警告だとも言えます。そういう意味ではアトピー、ニキビ、花粉症は体の異常信号として度合いが分かるものです。

 

しかし、花粉症のほうがより早い段階でアトピーやニキビよりも警告を発しています。

 

いずれにしても、体の異常状態を示しているわけですが、アトピーの方は花粉症にも充分な注意が必要です。なぜなら花粉症の症状はアトピーの悪化、ニキビの悪化の要因になるからです。
鼻水が出続けると鼻の下は赤くなります。花粉症で結膜炎の症状が出るでしょう。このような赤みは炎症で、アトピーと併発すれば広がる可能性があります。
もちろん、ニキビにも影響は出るでしょう。刺激を受けた内膜からもアトピーは併発します。

 

結論を言えば、やはり花粉のブロックがアトピー肌のニキビまた、アトピー皮膚炎には一番の効果があります。根本的にマスクやゴーグルの様なメガネなどとてもいいでしょう。
肌に付く花粉はニキビにもよくありません。長袖などで対処しましょう。
花粉症とアトピーの両方の悪化だけは避けたいものですね。