アトピー肌でニキビができたら…それはステロイドの副作用?!超敏感アトピー肌のニキビケア

MENU

アトピー肌でニキビができたら…それはステロイドの副作用?!

ニキビ アトピー

アトピー肌の人は意外にニキビに気づかなかったりします。
元々肌が荒れがちなアトピー肌の人はニキビよりもアトピーの方に意識が言ってしまうものです。
でも、アトピー肌の方の中にはニキビが出来ている人が多いのです。

 

アトピーで皮膚科から貰った薬を塗っているところに炎症が起きてしまったなどというケースもあります。これはステロイドの副作用の一つなのです。少しできかけていたニキビが悪化したという可能性もあります。

 

そもそも、ニキビの原因は皮脂の多量分泌です。
アトピー肌の方は逆に皮脂の分泌が少なく、乾燥肌になるのでニキビができにくいのですが、
ニキビが出来たり、ニキビが悪化したりすることもあります。

 

アトピー肌はバリア機能が弱く、乾燥肌というのが肌の特質です。
バリア機能が弱いので少しの刺激でも皮膚が反応を起こしてニキビが悪化してしまう、皮脂の分泌が多くなってしまうといった事でアトピー肌の弱い肌を守ろうとします。
ニキビ肌は逆に皮脂が多いのが原因だったりするので、ステロイドにより治りかけてきた肌がニキビを発症するのは理解出来ます。

 

そこで、大事なのが間を取った処方になります。
対照的な肌質になりますので、やはり専門的な知識が必要です。

 

ステロイドを処方されている皮膚科の専門医に一度聞くことが一番いいですね。
ワセリンの様なべたつくものは保湿をするにしてもニキビを引き起こす可能性があるので、
少しライトな保湿クリームなどを処方してもらうと、ニキビにもアトピー肌にも負担を掛けないのではないかと思います。
是非、試してみてくださいね。